読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hk miscellaneous notes

登山と旅行と日本酒と、あと色々雑記帳

ニセコでスキー(ニセコビレッジ)

2月末にもなろうというのに今シーズン初スキー。実家への帰省がてら北海道でスキーであります。今回はニセコビレッジ。ちなみにニセコは二年連続で昨年はアンヌプリのノーザンアンヌプリホテルに宿泊。

f:id:hk-trekker:20160303123119j:plain

 

羽田を朝に発ち昼前に千歳に到着、サクッと昼食をすませバスで移動し15時過ぎにニセコに到着。宿泊先はザ・グリーンリーフ・ニセコビレッジ。昔のニセコ東山プリンスホテル本館で2010年に改装。外見はおしゃれな雰囲気を漂わせています。(写真は夜に撮影したもの)

f:id:hk-trekker:20160304124357j:plain

 

ニセコは相変わらず外国人比率高め。ホテルラウンジのくつろぎっぷりも外国ですな。更にいうとフロントで対応している従業員も半数以上が外国人。

f:id:hk-trekker:20160303133107j:plain

 

部屋は見た目はオサレな感じに改装されていますが、設備の古さは残念ながら隠せていませんでした。エアコンが旧式のままだったり、洗面所の水はけが悪く床下に水がたまっている(踏むとピチャピチャ音がする)、洗面所がカビ臭い、等…設備面ではノーザンリゾートアンヌプリの方が正直上。でもバス利用だとアンヌプリは遠いんだよなー。

 

源泉かけ流しの温泉はとても良かったです。広さもそこそこあり露天風呂が雰囲気あって気持ちいい。雪見風呂最高。ちなみにチェックアウト後もフロントに言えばタオル付きで無料で利用できます。

 

休憩して一滑りしてから晩飯でもと思ったらガッツリ寝てしまい、起きたら18:30だったよこんちくしょうw

ナイタースキーは潔く諦め晩飯に。ヒラフまでシャトルバスで移動、船長という名前の居酒屋に突入。いわゆる普通の居酒屋です、お値段は若干リゾート仕様。たちのポン酢は美味かった。

f:id:hk-trekker:20160303133207j:plain

 

翌朝はホテルで朝食。ビュッフェの種類はそこそこ多め。日本人少ないっす。

f:id:hk-trekker:20160303133255j:plain

f:id:hk-trekker:20160303133336j:plain

 

天候は晴れ。昼過ぎからは曇りの予報。ガスが出るまでにガンガン滑ってやる!!

リフト、ゴンドラの待ち時間はほぼゼロ。ノンストレスで超快適。言うまでもなく雪質はふかふかパウダー。

f:id:hk-trekker:20160303133807j:plain

f:id:hk-trekker:20160303134230j:plain

 

ニセコビレッジのコースマップはこんな感じ。コース名が絶望的にダサいw

f:id:hk-trekker:20160305020132j:plain

 

コースレイアウトとしては中級コースメインで、初心者向けコースは幅がやや狭い迂回路がほとんど。むしろ中級車コースのほうが人も少ないし思い切り滑れる気が。スキー、ボードに関わらず初心者はちょっとつらいかも。初心者にはコース・人の少なさの両面からアンヌプリの方がおススメです。

f:id:hk-trekker:20160303133703j:plain

 

午後も晴天だったので、リフトで行ける最高点からスキーを担いで山頂まで登ることに。登ること約20分、頂上に到着!羊蹄山もくっきり見え眺望は最高。難点はスキー板が全くパウダーに対応していないことのみw

7年くらい前に買ったモーグル用の板でへたりも激しいのでそろそろ買い替えですかね。

f:id:hk-trekker:20160303133442j:plain

 

あ、スキーと言えばゲレ食、ゲレ食といえばほぼカツカレー一択の私ですが、ニセコビレッジでは値段の高さに断念。カツカレー2,000円Overはぼったくり過ぎだろ。ひでぇ。

 

 ひとしきり楽しんだ後は温泉に入り汗を流し、倶知安駅からJRで実家に移動。ってふと思ったんだけど「倶知安」って道民以外は読めないよな…

f:id:hk-trekker:20160303134640j:plain