読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hk miscellaneous notes

登山と旅行と日本酒と、あと色々雑記帳

七田 純米おりがらみ

コストパフォーマンスバカ高の美味い日本酒見つけちゃいましたよ!

 

その日本酒とは、七田純米おりがらみ。佐賀県の天山酒造で作られている日本酒で、無濾過の生酒です。

f:id:hk-trekker:20160305215511j:plain

 

写真でも若干わかりますが、瓶の底に滓(オリ)が溜まっています。ラベルには「瓶内後発酵にて微小の炭酸ガスが含まれておりますので、開栓時に吹き出すおそれがあります。」との記載が。

 

ネジ式の蓋を慎重に開栓します…

 

って炭酸ガス微小じゃねえし。蓋を少し開けると瓶内で大量の炭酸が出るわ出るわ。缶を振ったあとのコーラかビールくらいの泡立ち具合。少し蓋を開けては閉め直す、を何度も繰り返すことで吹きこぼれを防ぐ事ができます。瓶底に溜まっているオリも炭酸の発生に伴い瓶内に攪拌されていきます。

 

グラスに注いだ感じは殆どにごり酒

f:id:hk-trekker:20160305221015j:plain

 

早速いただきます!!

 

濃厚な米の旨みと、フレッシュな炭酸の後味のバランスが絶妙。アルコール度数は17度なので日本酒にしては高目ですが、アルコールのキツさは感じません。二日ほど置いてからも飲んでみましたが、角が取れた感じでまろやかさがUPしていました。シュワシュワ具合も若干下がっていたので、強いフレッシュ感が好みの方は開栓したての方が好きかも。

 

何にしてもこれは美味いです!それでいて値段は四合瓶で¥1,248(税込)。コストパフォーマンス良過ぎです。

泡系の日本酒だと獺祭二割三分のスパークリングと新政の亜麻猫スパークリングを最近飲みましたが、両者とは異なるベクトルながら負けていないポテンシャル。個人的評価のコスパ的には七田>亜麻猫スパークリング>獺祭スパークリング。(味そのものではなくあくまでコスパ

 

七田をちびちび飲みながらこのブログ書いているんですが、明日もう一本買ってこよう!と思うくらいのお酒でした。ある程度日本酒を嗜んでいる方には強くお薦めしたい一品です。