読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hk miscellaneous notes

登山と旅行と日本酒と、あと色々雑記帳

白馬岳(1/2)

久々の更新です。もう既に梅雨明けどころか真夏です。夏は海に山に楽しいイベントが沢山です。

というわけで行ってきました。山。7/23、24で白馬岳にテント泊です。今回はソロではなく3名パーティー。

前日夜の24時頃に東京から車で移動、朝5時前には白馬岳への登山口となる猿倉に到着しました。
朝5:00の時点で既に車はいっぱい。すごいねみんな。
f:id:hk-trekker:20160816233734j:plain


雲もなく涼しくて気持ちがいいです。稜線も良く見えます。これはテンション上がるねぇ。
f:id:hk-trekker:20160816223108j:plain


登山口は人がかなり多いです。団体客もちらほら。

猿倉から1時間ほど登ると白馬大雪渓が見えてきます。
f:id:hk-trekker:20160816223518j:plain


気温も上がってきたので水分補給のために休憩。
f:id:hk-trekker:20160816223605j:plain


大雪渓も人がかなり多く行列ができています。
f:id:hk-trekker:20160816223713j:plain


これじゃペース上がらないなぁ…と思っていたんですが、思いの外自分のペースが上がらない。原因は、徹夜で運転したことによる寝不足。テン場で酒盛りするために大量の食料と酒を持ち込んだことによる重量増。テントもHILLBERG ALLAKデビュー戦なのでこれまた重量増。おまけに、今回新調したザックが身体に合わない(一言で言うとデカすぎた)ことによるストレス。
(ちなみにテント買った記事はこちら)
hk-trekker.hatenadiary.jp


白馬岳なんて鎖場もないし難易度低いし楽勝でしょー、なんて正直ナメてました。20Kg近い重量の荷物を背負うとかなりキツイ。しかもザック合わないし。


実はこのザック合わない問題が最後まで尾を引くことになってしまう訳で…


登り始めてから6時間強、やっとの思いで白馬岳頂上宿舎のテン場に到着しました。
f:id:hk-trekker:20160816224335j:plain


既にそこそこテントも張られています。
f:id:hk-trekker:20160816224701j:plain


自分のテントを張り終えて一息ついたら、白馬岳の頂上を目指します…の前に遅めの昼食を。ということで白馬山荘のレストランを目指すことに。

テン場から白馬山荘までは20分弱。少し歩くとすぐ目の前に見えてきます。
f:id:hk-trekker:20160816225059j:plain


レストランはまるでスキー場のよう。人も沢山います。が、既に昼食タイムは終わり軽食しかないでやんの。のんびりしすぎた。
f:id:hk-trekker:20160816225238j:plain


まだ山頂に登っていないのに誘惑に負けてビール飲んじゃいましたw 周りの人たちが美味しそうに飲んでいるからつい…
f:id:hk-trekker:20160816225724j:plain

ちなみにジョッキ空けた時点でパーティー全員寝落ちw まぁみんなあまり寝てないですからね。

少し寝て体力も回復したのでサクッと山頂を目指します。山荘から15分位で山頂です。振り返るとテン場も見えます。
f:id:hk-trekker:20160816230053j:plain


というわけで山頂です!早っ!
f:id:hk-trekker:20160816230231j:plain


周りはガスっているとまではいかないまでも、雲が多く出ています。夏山らしいといえばらしいですが。
f:id:hk-trekker:20160816230440j:plain


山頂付近ではブロッケン現象も見ることができました。何気に人生初だったりして。
f:id:hk-trekker:20160816230758j:plain


その後テン場に戻り夕食の支度を。待ちに待った酒盛りタイム。
でも写真撮り忘れたw

この日は缶詰やご飯等々各自持ち寄り。そしてメインディッシュはチーズフォンデュ!!白ワインと相性良すぎで幸せ。(でも写真撮り忘れた。)
いつもはソロキャンプでもくもくと独り飯なわけですが、多人数で食べるご飯は美味しいです。


食事後は速やかに就寝。ぶっちゃけむちゃくちゃ疲れたー。