読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hk miscellaneous notes

登山と旅行と日本酒と、あと色々雑記帳

2016/8/5 宮古島Day2

起きたら雨でした。しかもかなりの。雷のオマケつき。
f:id:hk-trekker:20161006232605j:plain


天候が好転することを祈りつつ、朝食に向かいます。朝食は気合を入れていてボリュームがあるのでお腹を空かせて来てください、と昨日オーナーから言われたので楽しみです。

これはすごい!
食事は宮古島で採れた食材をふんだんに使っています。ガレットのそば粉も宮古島産。どれも美味しくあっという間に完食です。
f:id:hk-trekker:20161006232755j:plain
f:id:hk-trekker:20161006232708j:plain
f:id:hk-trekker:20161006232847j:plain

肝心の天気ですが止む気配はなし。
でも海には行きたいので、天候と風向きから比較的荒れていなそうなポイントをオーナーに教えて貰うことに。東側にある吉野海岸であれば大丈夫かも、という事なので吉野海岸へ。

吉野海岸までは車で20分程度。ですが、雨はどんどんひどくなりスコールのように。吉野海岸近くでしばらく待ってみたもののあまり天気は良くならないので、昼食を食べてから午後どうするか考えることに。

その後雨は多少止んだものの雷がかなり激しくなってきて宮古島地方に大雨雷警報が出たため、本日の海は断念。観光デーに切替えました。

やっぱ宮古そば食っておくべきでしょ!ってことで、有名店の丸吉食堂へ。到着して気づいたんですが、宿から車で5分かからない場所でした。人気店だけあって、雨にもかかわらず長い行列。
f:id:hk-trekker:20161006231607j:plain

待つこと30分、やっと店内に入れました。まだ沖縄がアメリカ統治下だった頃の営業許可証が飾ってありました。歴史を感じます。
f:id:hk-trekker:20161006231645j:plain

ソーキそばと宮古そば(大)を注文しました。
こちらはソーキそば。ボリューム満点。
f:id:hk-trekker:20161006231737j:plain


宮古そば。
f:id:hk-trekker:20161006231831j:plain


一見すると具が入っていないように見えますが麺の下に肉やかまぼこが入っています。
f:id:hk-trekker:20161006231909j:plain


味はどちらかというとコッテリしているんですが(ニンニクが入っている)、全く嫌味な感じではなく気づいたらスープを飲み干してしまっていました。麺も程よい噛みごたえでスープとのバランスもいい。非常に美味!宮古島を訪れる際は食べておくべき一品です!
食後にアイスキャンデーも付いてきました。写真はないけど黒糖味でした。素朴で美味しかったです。


この丸吉食堂から100m程の距離には多良川酒造という宮古島泡盛酒造の本社が。酒好きとしては当然気になるので酒蔵見学に。
工場も併設されており、泡盛の何とも言えない香りがそこらじゅうに漂っていました。この匂いだけで酔いそうだ。
f:id:hk-trekker:20161006231953j:plain


洞窟内にあるという酒蔵の見学は悪天候のため不可でしたが、施設内にあるショップでは色々な種類の泡盛とその試飲コーナーが。午後以降の運転を嫁に代わってもらうという調整の後、試飲の泡盛を飲みまくることに。同じ酒造の泡盛でも古酒とそうでないものとではまろやかさが違う。まろやかとは言えども度数は高いので飲み過ぎは禁物ですが。
f:id:hk-trekker:20161006232025j:plain


あと、この酒造では洞窟に自分だけのお酒を5年間貯蔵しておくことが出来ます。(5年経過した時点で更に熟成することも可能)
札にはメッセージを残しておくことが出来ます。夫婦とか恋人同士でラブラブなメッセージとか残して、貯蔵中に別れちゃったりしたら切ないですねこれw


その後はやる事もないので、市街地の方に車で行ってお土産を物色したり、三線の工房に立ち寄って三線をまじまじと眺めて「まさか、それ買おうとしてないよね!!??」と嫁から冷静なツッコミを受けたりしながら時間をつぶし、夕方には宿に帰還。

その後夕飯のために車で移動。今晩の食事処は…
f:id:hk-trekker:20161006232933j:plain

まさかのおふくろ亭リベンジwww

どうしてもソーメンチャンプルーが食べたかったんです…開店前なのに既に人が並んでいました。


ファーストオーダーでソーメンチャンプルー!これでMission Complete!!味は美味しかったです!
しかし、ソーメンチャンプルーを今まで一度も食べたことが無いことに気づき他との比較はできず。
f:id:hk-trekker:20161006233033j:plain


グルクンの唐揚げ。
f:id:hk-trekker:20161006233137j:plain


紅芋の天ぷら。
f:id:hk-trekker:20161006233235j:plain


宮古牛の握りも二日連続で注文。あまりに美味しいのでお代わりしたら、おじいが握りを一つサービスしてくれました。
f:id:hk-trekker:20161006233314j:plain



部屋の冷蔵庫に常備しているさんぴん茶(オーガニック!)が無くなったのでお茶を貰いに下に降りたら、オーナーが泡盛の古酒と豆腐ようをご馳走してくれました。実はそんなに豆腐ようは好きでは無かったんですが、泡盛とのマッチングは抜群でした。
f:id:hk-trekker:20161011214711j:plain


その後は昨日と同様、星空観賞。今日も満点の星空であります。
f:id:hk-trekker:20161011214753j:plain


宿の近くにはホタルが自生していて昨晩も宿の間近までホタルが飛んできていたらしい。全然気づかなかった。ホタルが現れるポイントまでオーナーに案内してもらったんですが、運悪く見ることができず…

23:00過ぎにも再度行ってはみたものの、やはり見られず。無念。